店長こせき自由奔放日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 壱岐釣行 石鯛狙いの巻

<<   作成日時 : 2017/10/12 10:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

旧暦の8月22日、下り中潮最終日・・・これは底物良いかな??と思い壱岐へ釣行しました。


画像



今日もOさんと一緒、Оさんは76歳!磯に立てるって嬉しいね〜


船長) 「店長きょうはここ行きましょう!」


降り立ったのは大金城のワレ


画像



ここで釣りをした方は知っているでしょうが実に足場が悪い。Оさんは少し南側のなだらかな場所に釣り座を構えて釣り開始


Оさんは上物 私は底物狙い


画像



今日は波高1・0m → 1.5m 天気予報も晴れまずまずの釣り日和・・・のはずが風はつくわ ウネリはデカいは 雨は降るわ 自然ってすごい


下イズミや名島に展開していたお客様は大うねりの為緊急回収で瀬替わり 瀬替わりした場所で今度は大雨と散々


さて金城です 風裏のワレは雨も少しよけてくれてビショビショになることなく釣りができます。


私は石鯛を狙います。夜にゲストを招いて食事会をする予定、ならば脂がのったイシガキが1枚つれれば良いね〜との思いで出釣り開始


本日の金城周辺は洗濯機のぐるぐる水流のように激しい流れを作り出していてゲンコツからの下げ潮が非常に強く仕掛けを入れるとビュ〜っと流されて落ち着きません。壱岐に通い数々の大物を仕留めているTさんも私の横に釣り座を構えて仕掛けを入れていますがあまりに流れが強く苦戦しております


画像




今回実釣テストで使うのは「ロッドコム」社の牙刀石鯛500MH 最新の石鯛ロッドです。店で伸ばした印象は「かなり軽い」 振った感じ全体的に柔らかいが#3〜#4は竿素材の内側に肉厚感を感じる硬さ(柔軟性のある硬さと言った方がいいのかな??)
グリップ部は細身で握りやすい特徴


詳細は↓ロッドコム HP


http://rod-com.co.jp/publics/index/10/


画像



実際釣り場で竿を出します。手持ちで感度はどうかな??道糸を通じて手元に伝わる潮流が糸にあたる感じや流れに振られて鉛が岩にあたる感じが手元に伝わります。かなり竿自体の感度は敏感で海底で流れる潮流の状況が分かります これには驚いた。


でもこのワレの激流は凄い!湧き上がる潮流、右に左に1投げごと変化する激流に手も足も出ません。鉛を20〜25号で釣りを組み立てていましたがどうもこうもできず鉛を40号に変更 それでも15m程投げると流される始末です。


と言うことで足元のピンポイント狙いに変更、カウンター15から徐々に浅く探ります。牙刀の竿感度がよく仕掛けの投入角度で仕掛けが落ち着くところを探していくと狭い範囲ですが仕掛けが落ち着くところがあります。と言うことはマキエがここにたまるかな??とマキエをパラパラ撒きながら探ります。


時刻は9時過ぎ・・・壱岐の潮流は潮時表より2〜3時間は遅れるのはわかっていてもこの日の最干潮時間は午前7時・・2時間以上たっても下げの激流は続いています。しかし仕掛けを打ち返すと底潮の流れが緩くなっていることが分かります。


ベテランのTさんもこの変化は気づいていて声をかけてくれました。


底潮が緩くなったので鉛を軽くし仕掛けを打ち返すと竿先をフッと軽く抑えるアタリが出ました。餌はガンガゼで周囲の殻をガフッとかじる感じが伝わります。しばらくアタリはあったものの食い込むことはなく素針でした


仕掛け回収後小さめのガンガゼを装着し再度同じ投入点、同じタナに入れると仕掛けが落ち着いたと同時に竿を抑えるアタリ、手持ちのまま送ることも誘うこともなく牙刀の竿調子を見ながらアタリを見ていると一気に走ってくれました。食い込み時の#2〜#3にかけての追従が素晴らしい!!


細身軽量の竿、合わせが効くのか??疑問がありましたが#4パワーは想像以上でフッキングもバッチリ。


画像



なかなかのパワーの獲物、右へ左へ逃げ回ります。足場が悪いワレ、態勢を崩さないよう竿を立てすぎないよう魚とのやり取りです。


数回の締め込みの後 海面に姿を現したのは石鯛ちゃん、イシガキでもいいのよ〜と思っていたのでうれしい〜タモ入れして久しぶりにホンイシゲットとなりました。


画像



画像



ここワレ周辺は足場が悪くかかった石鯛をぶりあげても落下したり針外れで大物取り逃すことも聞きますので大型のタモを用意しておくことをおすすめします。


さて一安心のわたし、2発目を狙いましたが潮が上げ潮に変わるとアタリも遠のき底物釣りは終了となりました。


上物釣りのOさん、強風、ウネリでなかなか釣りにくい状況でしたがお土産ゲット♪


画像



画像



他の釣り場ではアラや石鯛、真鯛やイサキなんかも釣れておりました。


釣果情報、渡船案内詳細は「マリンクロス玄海」HPへ↓


http://marinecross.blog.fc2.com/blog-entry-145.html


帰港後ほかにも大物バラシの話しも聞けましたのでこれからの本格シーズンも期待大です。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
壱岐釣行 石鯛狙いの巻 店長こせき自由奔放日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる